2006-11-27

CQ WWコンテスト

 3.5MHzのバーチカルアンテナを試したくなり、土曜の夜に近所の河原に出かけて寒い中設営を始めた。10m釣竿の根元に、1.5Lペットボトルにアルミ線を巻いた極太コイルをくっつけラジアルを3本張ってSWRアナライザーで共振周波数を確認。何とか3.500MHz前後に共振してるようなのだが数百オームの超ハイインピーダンス。測定器金属部分に手を触れると値が変わるような状況で、やはりラジアルを10本以上は張らないと駄目なのか。試行錯誤するが結局あきらめて1時頃に撤収。一方で夜空の星はとっても綺麗でサイコー。
 自宅に帰ってから3.5MHzや7MHzで短縮ダイポール+ATUアンテナで聞こえるアメリカなどの参加局をコールするがほとんどカスリもせず、うちのアンテナの飛ばなさを実感させられた(国内ならまぁまぁ飛ぶのに)。

 翌朝7時に起きて14MHzでアメリカ中心に呼び回り50局前後と交信。ローバンドもハイバンドも沢山聞こえておりコンディションは良かったようだが気分はあまり晴れないコンテストだった。

 8時になったのでFISTSのNetで当番だったのでCQを開始。3人のメンバーに呼んでいただいて最後は9時半頃まで電信チャットを楽しんだ。そのおかげで一日気分が晴れて過ごす事ができた。

1 件のコメント:

Man さんのコメント...

test