2007-02-11

トップバンドコンテスト

 今年初めての移動運用として、KCJのトップバンドコンテストに参加。3年連続となる。夕方都合があり今回は開始直前に設営。開始30分前に現地到着してから設営。21時20分スタートと、出遅れてしまった。
 コンディションは良いみたいで最初の2時間は猛QRMだった。今年初めてFCZのオーディオピークフィルタを使用し快調にランニング。ああいうQRM+パイルの中で淡々とQSOをこなしていくのは結構気持ちが良い。帯域の広いフィルターだけではきっと使い物にならないだろう。
 0時過ぎには呼ばれなくなり仮眠を取って3時に起きてみたが1局も聞こえない。朝までやるか迷った上4時頃から撤収してしまった。昨年のログを見たら早起き組みと10局は交信していたので後で後悔した。
 このコンテストは運用地を変更しても良いのでありがたい。2日目の夜は固定の超短縮DPで6局できて、何とか100局はクリアして前年並みの局数となった。なぜか5エリアだけ交信できず1DAY AJDならず。
 昨年よりコンディションが良かったのでみなさん楽しめたと思う。設備が昨年と同じなのでもう一工夫すれば良かった。
 


(アンテナも撮影したが何も写ってなかったので...)

使用設備
IC706、逆V型短縮ダイポール(9mH)
TS850S、短縮V型ダイポール(10mH)

2 件のコメント:

jk7ust さんのコメント...

こんばんは。
トップバンドは独特の飛び方をしますよね。アパマン時代、ほんの少しだけ出たことがあります。ATUのおかげでした。今日は80mの常設アンテナを整備していたのですが、結局長さをもてあましています。トップバンドはATUのお世話にならないと駄目かな~

Kabeman さんのコメント...

あの窮屈なバンドに全国が同時に聞こえてましたので大変な騒ぎでした^^;
固定では全長10m足らずのDP+ATUでローバンドに出ています。フルサイズが張れるなんて本当に羨ましいです。
ところで160Mは常時出てる局はいるのですかね?ここでラグチューしてたら目立つでしょうねぇ。