2006-12-10

今年最後の山登り?

 年内にもう一度くらい山に登ろうと思っていたが週末はぐずついた天気が続いていた。今日は上田方面は
晴れの予報だったので上田市の独鈷山(とっこさん)1,266mへ。

 上田市の別所温泉は信州の鎌倉と呼ばれているらしい。独鈷山の登山道に向かう途中、落ち着いた雰囲気のお寺や神社をいくつか通り過ぎ、なるほどと頷いた。と言っても鎌倉ってあまりよく知らないけど。
 天気予報は晴れだったが、下から見上げる山頂は雲に包まれていて登ろうかしばらく迷っていたら登山者がひとり登っていった。午前中くらいは持つんじゃないか、と言うのでその言葉を信じて出発することに。
 この山は標高はそれほど高くなく上り時間も90分程らしいので甘く見やすいがどっこい結構きつい。久しぶりの山登りと言うのもあるが、この時期は濡れた落ち葉が滑るので足に余計な力がかかる。また傾斜のきつい場所もあるし9合目くらいからちょっとした岩場があり張ってあるロープを使わないと登れない。久しぶりに筋肉痛。
 途中から小雨が降り出し、7合目付近から雪に変わってきた。やばいなーと思いつつ行けるとこまでと思って登ると上から10人ほどのパーティが下りてきた。頂上付近の方が降り方は弱かったが下から見えた雲は雪雲だったようで頂上の草木には樹氷ができていた。
 こんな天気なので山頂からは眺望なし。ヘンテナを上げて6mをやろうと思っていたけどそれどころではない。ハンディ機で6mAM、FM、430MHzFMとCQを出し続けたが一切応答なし。なんで?山頂と同様バンドも静か過ぎ。
 歩いてると合羽も着てるせいで暖かいのだが山頂でじっとしてると急激に身体が冷えてくる。多分氷点下。耐えられなくなって15分ほど滞在してすぐ下山した。

 今年は地元の破風岳を皮切りにたくさんの信州の里山に登れて満足。本当に信州っていい所だなぁとしみじみ思う。さて来年はどの山から登ろうか。

山頂。霧に包まれて眺望なし
山頂の松の木にできた樹氷

4 件のコメント:

JIφIKA さんのコメント...

JIφIKEです。
独鈷山は懐かしいですね。
10年以上前に登った山です。
所で当日は何時頃CQを出されていたのでしょうか?
こちらはモービルで中野⇔群馬県太田市移動で9:00~16:00までワッチをしていました。
高速道路での移動がメインでした。
この時期の山行は天気に恵まれないと厳しいですね。

Man さんのコメント...

とにかく多く登ろうと焦って天気が多少悪くても眺望がなくてもまぁいいや、という感じで今年は登ってきた感じがします。でもこれからは季節的には多少ガマンして登る事もできなくなりしばらくお休みですかね。
CQは12時半頃でしたか。標高1200m程度なのでロケは良くありません。でも上田市内位は届いてたと思うんですが^^;

匿名 さんのコメント...

12時半はちょうど群馬県太田市で昼ご飯を食べていました。
独鈷山から群馬エリアはちょっと難しい間も知れませんが、430で浅間山隠し山よりCQを出している方がいました。
が、余りの寒さにやはり15分程度で退散してました A^_^;

JIφIKA さんのコメント...

上の文章はJIφIKAでした