2007-04-30

里山日和

 里山のいいところはその日に思い立って日帰りで気軽に登れることだ、と誰かが言っていた。私もそう思うが、私の場合行こうかどうか前日の晩も結構悩んだりする。

 今回前日に決めたのは青木村の青木三山の一つ、夫神岳(おかみだけ、1,250m)。先々週の子檀嶺岳に続いて2つ目。朝7時前に起床すると長野市周辺は霧。晴れの天気予報を信じて出発。上田市、青木村に入ると霧がやんで晴れ間が見える。村役場を過ぎて登山口のあるオートキャンプ場へ。

 花や緑には季節が早いが天気も良く気持ちがいい。登り1時間の後半は急登だが遠くに北アルプスが見え隠れして励みになる。
 頂上はよく整備され芝生の広い空間。祠が2つあり両方とも別所温泉を向いている。真っ白な北アルプス、妙高、四阿山と北方向の眺めがよく、天気は快晴で空気も澄んでおり最高の景色だ。ぽかぽか陽気で登山客も多く犬を連れた家族や頂上で昼寝をする人。

 オールJAコンテスト開催中なので6mのアンテナを組み立て中にどこかで見た顔が近づいてくる。なんと7MHzでよく交信しているIさん。予告はしておいたのだがまさか登って来られるとは思ってもおらずとても感激。コンテストは二の次でIさんと1時間近くの談笑。山の話や無線の話など、先週の花見の続きを楽しんだ。
 ひとりで登るのもいいけど気の合った仲間と登るのも楽しいのかも。

 夫神岳は北から東方向の眺望はいいが南は木立の影。一方子檀嶺岳は東から南が開けている。場所も目の前だしセットで登るのがいい。
 


6m 2エレHB9CV、オールJA 25局

1 件のコメント:

JA0JXW さんのコメント...

先日は、お世話になりました。
私も、あまりに天気が良いので、家の中でコンテストという雰囲気ではなくなり、チョッと驚かせようかな・・、などと思い付きお邪魔してしまいました。
でも、景色は最高でしたね。この写真の向こう側に見える北アルプスの絶景は、行った人しかわかりませんね!