2008-02-16

50MHz SSB機

ランド方式で製作するトランシーバ、3台目が完成です。

今回は50MHz SSB・CW 50mW機で、こちらの本で紹介されているものをそのまま製作。
変調部や混合部などはTA7358PというICを使用。2素子のUSBラダーフィルダーでSSBを生成して、ドライブ2SK241、ファイナル2SC2053です。前回製作したDSB機やCW機と違い、SSBは大分難易度が上でした。さらに、ぎりぎりサイズのケースに組み込むので慎重に製作を進めました。

ICを沢山使うので少し動作が理解しづらく、電波を作り出してる~という実感はDSB機よりは弱いです。ですが、ちょっと高級なものを作った感じがして嬉しいです。さてどの程度交信できるか。

50MHzのシーズンになったらこれをメインのリグとして移動運用しようと思います。


2 件のコメント:

JA0JXW さんのコメント...

なにやら、コメント入力のセキュリティーが厳しくなったようですね。
New Rigの完成おめでとうございます。
昨夜は、SSBもちゃんと届いてました。
CWもOKでしたので、実用的ですね。
春になったら、山の上で遊びましょう。Hi

Kabeman さんのコメント...

昨晩はテストへのお付き合いありがとうございました.2mでCQ出すんじゃないかなぁと待ち構えていましたHi

動作してることが分かり安心しました.春が待ち遠しいですねぇ.