2007-11-17

十観山 1284.5m

久しぶりに時間が取れて天気も良さそうだったので十観山(じゅっかんざん)という山に登る事にした。小県郡青木村にあり、子檀嶺岳、夫神岳と並んで青木三山と呼ばれている。春に2つは登っていたのでいつかは登りたいと思っていた。

30分ほどで登れるが展望はいちばんいいかも。山頂は東斜面が伐採されており、今日は快晴だったので浅間山や四阿山も良く見えて塩田平から千曲川沿いの町並みが美しかった。また北アルプス方面も開けており鹿島槍ヶ岳などが見えた。北方向は真っ白い火打山が遠くに頭を見せていた。

林業のトラックや、パラグライダーをする人たちのクルマが往来して登山口付近は少し騒がしくて残念だった。山頂2.4kmの看板のそばにクルマを置いて歩き始める。山頂1kmの看板まで未舗装の林道が続くがその手前で道を間違えてしまい、パラグライダーの練習場に出た。その先にかろうじて道が残っていたのでそのまま進むが、やはり間違っていたようでとうとう迷ってしまった。尾根を目指して林の中をつき進んだら幸い、無事に正しい登山道に辿り着いた。この辺、ちょっと分かりづらい。

そこからは山頂まで500m程度あまり、道に迷ったので登りは1時間かかってしまった。山頂の手前にはバイオトイレがある。山頂はカラマツがまばらに生えていて広地になっている。市街地の朝の気温は5度前後だったので山頂はかなり寒かった。陽があたると暖かいが風も強い。ダウンジャケットを持っていて良かったが、指がかじかんで困った。

登山道沿いはミズナラやシラカバの葉はほとんど落ちていて落ち葉のカーペット状態でふかふか。歩くとさらさらと葉っぱの音だけが響いて、いかにも晩秋の里山という雰囲気が漂っていた。

山頂で無線をやろうとしたがアンテナの部品を一つ忘れてしまい、仕方なく付属ホイップアンテナでCQすれど応答なし。そのうちに指がかじかんで動かなくなりやめてしまった。

明日から冬型の気候となり雪の予報。もしかしたら今回が今年最後の山登りになるかも知れない。



1 件のコメント:

JA0JXW さんのコメント...

昨日は、天気もFBでよかったですね。
私は、庭の片付けをしながら、山がよく見えるので、
Manさんは、山に行ったかな?と思い、
お昼前後に50MHzをワッチしましたが、
残念でした。